産経WEST

南海トラフ地震を前に増加する内陸地震に警戒せよ 近畿、首都圏は要注意 地震学研究者が警告

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


南海トラフ地震を前に増加する内陸地震に警戒せよ 近畿、首都圏は要注意 地震学研究者が警告

 西日本の内陸地震は阪神大震災以降、次の南海トラフ地震に向け活発化しているとみたほうがよいでしょう。メカニズムは解明されていませんが、経験上、南海トラフ地震が起きる約40~50年前から内陸で大地震が増える傾向があります。振り返れば、東日本大震災の前も岩手、新潟、能登と地震が起きていました。

 阪神大震災の影響を説明すると、京都、徳島、和歌山で地震が増えました。大阪の断層は計算上、ひずみは弱まりましたが、23年たっており、ひずみはもどっているかもしれません。

続きを読む

このニュースの写真

  • 南海トラフ地震を前に増加する内陸地震に警戒せよ 近畿、首都圏は要注意 地震学研究者が警告

「産経WEST」のランキング