産経WEST

【痛み学入門講座】おいしそうな頭痛…身近な食品が「犯人」かも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【痛み学入門講座】
おいしそうな頭痛…身近な食品が「犯人」かも

 現代人は、頭痛の原因となる物質に囲まれて生活していると言っても過言ではない。あなたの周りには頭痛の原因があふれている。今回は、口に入れる食品が関係するとみられる主な頭痛を考えてみよう。

 〔1〕グルタミン酸ナトリウム誘発頭痛

 国際頭痛学会は、食品によって引き起こされる頭痛を「食品および添加物誘発頭痛」としてまとめているが、この頭痛はその代表である。中華料理を食べ始めて20~30分すると、頭痛や動悸(どうき)に加えて顔が赤くなることがある。これを「中華料理店症候群」として、中華料理で大量に使用するうまみ調味料(主成分はグルタミン酸)がその原因だと考えられていた時期があった。事実、ラーメンには高濃度(約1%)のグルタミン酸が含まれていることが多い。敏感な人ではグルタミン酸3グラム(ラーメン1杯分)でこれらの症状をみるが、急激にグルタミン酸の血中濃度を上げるような食べ方(空腹時に慌ててスープを一気飲みするなど)の影響が大きい。

 なお、グルタミン酸はチーズ(パルメザンチーズでは約2%)や昆布(こんぶ)、トマトにも多く含まれ、現代人は日常的に相当量のグルタミン酸を摂取している。加えて、摂取したグルタミン酸の多くは腸で消費されてしまい、ほとんどが吸収されないので、あまり神経質になることはないだろう。

続きを読む

「産経WEST」のランキング