産経WEST

警察手帳で巡査長が特急無賃乗車「飲酒して座って帰りたかった」 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


警察手帳で巡査長が特急無賃乗車「飲酒して座って帰りたかった」 大阪府警

 大阪府警捜査3課の男性巡査長(30)が、緊急の捜査と偽って警察手帳を示し、特急電車への無賃乗車を繰り返していたことが25日、産経新聞の情報公開請求や府警への取材で分かった。巡査長は「飲酒した後に座って帰りたかった」と話している。

 府警によると、巡査長は昨年3月、飲酒後にJR大阪駅から特急券を買わずに特急電車に乗った。検札に来た車掌には警察手帳を見せ、公務での乗車を意味する「警乗(けいじょう)です」と嘘を告げていた。その後、巡査長が酔った様子で居眠りをしていたため、JR側から府警に確認があり発覚した。

 巡査長はこれまでに約20回、同様の行為をしたと説明。JR側に罰則料金を含め約150万円を弁済し、減給処分を受けた。

 一方、府警浪速署の男性巡査部長(53)が昨年、枚方市内のビデオ店でアダルトビデオ(AV)を大量に万引していたことも判明。自宅からはAVのDVD約1300枚が見つかり、巡査部長はうち約700枚について「昨年1月ごろから同じ店で100回にわたって盗んだ」と話した。

 府警は窃盗容疑で巡査部長を書類送検。店側と示談が成立するなどして起訴猶予となり、減給処分後に依願退職した。

「産経WEST」のランキング