産経WEST

【鬼筆のスポ魂】キャンプ目前、元巨人・村田に遠い朗報…早すぎる「戦力外通告」に疑心暗鬼広がった?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
キャンプ目前、元巨人・村田に遠い朗報…早すぎる「戦力外通告」に疑心暗鬼広がった?

元巨人の村田修一。実績は申し分ないのに… 元巨人の村田修一。実績は申し分ないのに…

 プロ野球12球団の春季キャンプが2月1日にスタートする。それぞれのチームがどんな陣容で戦うのか、ファンにとっても待ちに待った“プロ野球の正月”を迎える。そんななか、いまだに所属先の決まらない大物選手がいる。昨年10月13日に巨人から戦力外通告を受けた村田修一内野手(37)だ。

 昨季の成績は118試合に出場。打率2割6分2厘、本塁打14本、打点58。開幕当初は新加入のマギーが三塁でスタメン出場。阿部の欠場時に限り一塁でスタメン出場していたが、交流戦のDH起用から出場機会を徐々に増やした。チームが13連敗を喫したこともあって、7月あたりから攻撃力重視のためにマギーが二塁へ。村田は再びスタメン三塁に定着すると、最終的に規定打席には到達しなかったものの100安打を放った。

 シーズンオフと同時に戦力外通告を行った巨人の鹿取ゼネラルマネジャー(GM)は「チームの若返りを図るために苦渋の決断をした。FA移籍では補償が発生する。自由契約の方が選択肢が広がる。(早い段階での自由契約は)これだけ貢献してくれた選手に対するせめてもの誠意」と説明していた。

 プロ野球在籍15年で通算1865安打。2000安打まであと135安打に迫っている。実績は申し分ない上に、昨季の成績から見ても力が衰えた…とはいえない。自由契約になった当初は他球団による争奪戦もあり得ると思っていたのに手を挙げる球団が全く出てこないまま春季キャンプまで9日。これでは鹿取GMのいう「誠意」が逆にアダになっているのでは?とも思えてくる。あまりにも早い戦力外通告が何か舞台裏に事情が隠されているのでは…と周囲を疑心暗鬼にさせるからだ。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング