産経WEST

【関西の議論】全国の芸舞妓が一堂に ニューヨーク公演も成功…花街復興・お座敷文化継承へタッグ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
全国の芸舞妓が一堂に ニューヨーク公演も成功…花街復興・お座敷文化継承へタッグ

花街復興をめざす菊乃さん(右端)ら元林院の芸舞妓=奈良市内 花街復興をめざす菊乃さん(右端)ら元林院の芸舞妓=奈良市内

 奈良市の花街「元林院(がんりいん)」で奮闘する芸舞妓(まいこ)らがお座敷文化の衰退を憂い、全国に参加を呼びかけた「花街復興イベント」が広がりを見せている。各地の芸舞妓が一堂に会し、舞台や宴席で共演する画期的な試みだ。昨年秋には米ニューヨークでも開催され、来月には奈良市で3回目のイベントが控える。旗振り役となった元林院の芸妓、菊乃さんは「花街が垣根を越えてつながることで、お座敷文化を継承していきたい」と意欲を燃やしている。(岩口利一)

知られざる花街

 興福寺五重塔が望める猿沢池西側の狭い通りには、古い町家が並び、しっとりと落ち着いた風情が漂う。観光客に人気の散策スポット「ならまち」に含まれるこの界隈(かいわい)が、かつて古都の花街として名を馳(は)せた元林院だ。

 最盛期の大正から昭和初期には200人ほどの芸舞妓がおり、京都・祇園にも引けを取らないほど華やいでいたとされる。

 大正時代には、節分に真榊(まさかき)を春日大社に奉納する行事を開始。街の繁栄を願って芸妓らが華やかに練り歩き、沿道は多くの見物人で埋め尽くされたという。だが、行事はやがて途絶え、戦後になると社会情勢の変化に伴って客足が遠のいていき、芸妓の数も減少。現在は「奈良町芸者」として活躍する菊乃さんら数人が、花街の灯を守っている。

 大阪市生まれの菊乃さんは約30年前、お茶屋を経営していた叔母から誘われ、この世界に入った。奈良の老舗料亭「菊水楼」で舞妓としてお披露目した後、「艶っぽい踊りをやりたかった」と憧れていた芸妓になった。だが、近年はお座敷が減って寂しさを募らせ、後進の育成にも悩む日々が続いていたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 全国の芸舞妓が一堂に ニューヨーク公演も成功…花街復興・お座敷文化継承へタッグ
  • 全国の芸舞妓が一堂に ニューヨーク公演も成功…花街復興・お座敷文化継承へタッグ
  • 全国の芸舞妓が一堂に ニューヨーク公演も成功…花街復興・お座敷文化継承へタッグ

「産経WEST」のランキング