産経WEST

【京大iPS論文捏造】「不正防げず後悔、反省」山中所長、表情険しく 辞任可能性も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【京大iPS論文捏造】
「不正防げず後悔、反省」山中所長、表情険しく 辞任可能性も

iPS細胞に関する論文捏造問題で会見する山中伸弥教授=22日午後、京都市左京区の京都大学(寺口純平撮影) iPS細胞に関する論文捏造問題で会見する山中伸弥教授=22日午後、京都市左京区の京都大学(寺口純平撮影)

 京都大でも研究不正が-。iPS細胞研究所の研究者の論文に捏造と改ざんが見つかった問題を受け、山中伸弥所長らが22日午後、京都市左京区の京大で急きょ記者会見。集まった大勢の報道陣を前に、山中所長は「不正を防げなかったことを非常に後悔、反省している」と険しい面持ちで話し、深々と頭を下げた。

 黒っぽいスーツ姿で会見場に姿を見せた山中所長は、カメラのフラッシュを大量に浴びても表情を変えず、口は真一文字に結んだまま。考え込むようにじっと目を閉じる場面もあった。

 山中所長は、不正を防ぐために実験ノートの提出などさまざまな対策を講じてきたと説明。「不正を見抜けなかった。私たちがやってきたことは不十分だった。無力感を感じている」と肩を落とした。

 iPS細胞研究の進展に寄せられる期待を意識してか「多くの声援を頂いている国民、患者におわびします」とする一方、「(今回の論文が)他の研究とは全く無関係であることを理解してほしい」とも強調した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング