産経WEST

【動画】春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か

国内最古級の日本刀と確認された「古伯耆」=22日午後、奈良市の春日大社(渡辺恭晃撮影) 国内最古級の日本刀と確認された「古伯耆」=22日午後、奈良市の春日大社(渡辺恭晃撮影)

 国内の刀剣は、刀身がまっすぐな直刀だったのが、平安時代後期ごろに現代人が日本刀としてイメージする反りや鎬(しのぎ=刀身の側面で小高くなっている部分)などがあるものに推移。今回の太刀はその成立時期に当たるという。

 酒井主任研究員は「長寸である上、当初の姿をとどめており極めて貴重」と指摘。花山院弘匡(かさんのいん・ひろただ)宮司は「タイムカプセルのように残っていて驚きだ」と話している。

このニュースの写真

  • 春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か
  • 春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か

関連ニュース

「産経WEST」のランキング