産経WEST

打ち出の小づちなど縁起物入り「福引せんべい」生産ピーク 三重の老舗「一度食べたら忘れられない味」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


打ち出の小づちなど縁起物入り「福引せんべい」生産ピーク 三重の老舗「一度食べたら忘れられない味」

直径31センチ(右)のユニークな形の福引せんべいと、中に閉じ込められているだるまなどの縁起物=津市 直径31センチ(右)のユニークな形の福引せんべいと、中に閉じ込められているだるまなどの縁起物=津市

 2月3日の節分を前に、津市内の老舗せんべい店で縁起物の福引せんべいの生産がピークを迎えている。大きな三角形のおむすびのようなユニークな形のせんべいで、中に、打ち出の小づちなどの縁起物が入っており、県外への贈り物としても人気があるという。

 生産しているのは同市大門の平治煎餅本店。同店によると、同市の津観音寺の節分会に合わせ、津市内では約10軒のせんべい店が福引せんべいを生産していたという。

 同店も昭和30年代から、通常のせんべいの生産工程の合間に、節分用のせんべいを手がけてきた。現在は他店が生産を中止し、市内では同店だけが生産しているという。

 せんべいは直径31センチ(税別1389円)と24センチ(同741円)の2種類。外側に1年の無病息災を願うため今年の干支の戌や、厄除けの刻印をし、中にだるまや福笹などの縁起物が閉じ込められている。

 今年は今月中旬から生産を始め節分までに約6千個を生産。例年、節分の日の昼間までに完売するという。同店では「一度食べたら忘れられない懐かしい味なので、贈り物にも重宝されている」と話している。

「産経WEST」のランキング