産経WEST

まずは一口、奈良県産ジビエを知って-シカやイノシシの肉を安全に提供、「ならジビエPRフェア」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


まずは一口、奈良県産ジビエを知って-シカやイノシシの肉を安全に提供、「ならジビエPRフェア」

奈良県産の猪肉などを使用した「ジビエサンド」を試食する親子=奈良県橿原市 奈良県産の猪肉などを使用した「ジビエサンド」を試食する親子=奈良県橿原市

 奈良県産の猪肉や鹿肉などの野生獣肉を紹介するイベント「ならジビエPRフェア」が21日、橿原市のイオンモール橿原で開かれた。

 県は増えすぎた野生のシカやイノシシを捕獲、食肉加工をして「ならジビエ」としてブランド化する取り組みを行っていて、県民に広く知ってもらおうと、PRフェアが企画された。

 県によると、県内では、食品衛生法などを順守し、安心・安全にジビエを提供している飲食店が23店舗あるといい、担当者は「『ジビエ』というものを認知してもらい、まず一口食べてもらうことが大切」と話す。

 フェアでは、橿原市内のフランス料理店「ImagamI」が県内で獲れた猪肉のローストと鹿肉のソースをふんだんにはさんだ「ジビエサンド」を、五條市は柿やジビエを使った「ジビエカレー」を、それぞれ150食振る舞った。

「産経WEST」のランキング