産経WEST

竹島に「アシカ猟御殿」資料 編入前、日本人の経済活動裏付けか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


竹島に「アシカ猟御殿」資料 編入前、日本人の経済活動裏付けか

石橋松太郎がアシカ猟で稼いで建てた屋敷。現在は別の場所に移築されたが当時の面影はほぼそのまま残しているという=島根県隠岐の島町久見(小林宏之撮影) 石橋松太郎がアシカ猟で稼いで建てた屋敷。現在は別の場所に移築されたが当時の面影はほぼそのまま残しているという=島根県隠岐の島町久見(小林宏之撮影)

 日本海の竹島(島根県隠岐の島町)で明治30年代にアシカ猟を手がけた住民が地元で一、二を争う規模の屋敷に住んでいたことを示す資料が、町の調査で見つかった。猟の商業的な成功で新築した“アシカ御殿”だったとみられる。政府が明治38(1905)年に竹島を日本領に編入する前から、日本人が漁猟などの経済活動をしていた事実を裏付ける材料になりそうだ。

 見つかった資料は、久見村(現・同町久見)が明治36年12月にまとめた「実力調査下調(したしらべ)書(しょ)」。世帯ごとに所有する家屋や土地の値段、農林水産物の生産量などが記されている。町が実施している竹島に関する調査の一環で、久見地区の区有文書から発見された。町村制施行後の課税目的でまとめられたとみられる。

 文書には、竹島アシカ猟の先駆者として知られる石橋松太郎(1863~1941年)の名もあり、家屋の価値は「450円」。庄屋の分家だった有力者宅に次いで村内2番目だった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング