PR

産経WEST 産経WEST

【浪速風】中国に独立自尊の精神見せた日本の思想史 石平さん力作で描く(1月20日)

Messenger

 評論家の石平さんといえば、中国時事問題の鋭い分析で知られる。ところが新著「なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか」では、あっといわせる新しい地平を切り開いた。古代から幕末・明治まで、日本の思想史と正面から格闘している

 ▼骨子をいえば、それは「脱中華」の思想史だった。仏教を熱心に取り入れたのは、この世界宗教によって中華王朝の権威を相対化するためだった。記紀で神話によりつつ、中国とは異なる日本の政治思想の伝統を作った…。この仕事は石平さんの、日本人へのエールだろう。中国という巨大な国家に対峙(たいじ)しながら、先人は独立自尊の道を模索した 

 ▼最近の本紙連載「China Watch」では、習近平氏の神格化が進んでいることを指摘していた。尖閣周辺の潜水艦もしかりだが、皇帝国家さながらの、日本への圧力は続くだろう。「日本人、自信を持とうよ」と石平さんの朗らかな声が聞こえる気がするのは、空耳かな。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ