産経WEST

“4度目の正直”で福娘に 関学大生、成人式も諦め挑戦「さらなる福届ける」 夢はアナウンサー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“4度目の正直”で福娘に 関学大生、成人式も諦め挑戦「さらなる福届ける」 夢はアナウンサー

参拝者に福笹を授与する福娘の芥田愛菜美さん=11日、大阪市浪速区の今宮戎神社(恵守乾撮影) 参拝者に福笹を授与する福娘の芥田愛菜美さん=11日、大阪市浪速区の今宮戎神社(恵守乾撮影)

 今宮戎神社(大阪市浪速区)で、今月行われた「十日戎」に花を添えた福娘たち。成人式を欠席してまで挑戦し続け、その座を“4度目の正直”で射止めた女性がいる。関西学院大4年の芥田愛菜美(あくた・まなみ)さん(22)だ。充実した表情で役目を全うした彼女は「さらなる福を届けたい」とアナウンサーを目指すという。

■毎年3000人が応募する激戦

 今宮戎神社の福娘には、毎年府内外から3千人近くの応募がある。書類や面接での4度の審査を経て最終的に選ばれるのは留学生を除くとわずか40人。福娘OGには、アナウンサーとして活躍する女性も多く、芥田さんも将来の夢だったアナウンサーに近づければと、応募をした。

 ただ、大学1年のときに初めて応募した1度目は落選。成人式と時期が重なったが、最初から振り袖の予約はせずに臨んだ2度目も通らなかった。「今年ことは必ず」。応募資格は23歳までだが、大学卒業を控え4度目の今回は「ラストチャンス」の覚悟で臨んだ。

https://www.youtube.com/watch?v=D2GUvKw_2vw

(次ページ)最終審査、わずか15秒で自己PR…そこで

関連ニュース

「産経WEST」のランキング