産経WEST

【萌える日本史講座】中国・朝鮮半島の脅威、1600年前にも 世界遺産目指す「百舌鳥・古市古墳群」東アジア情勢へ機敏に対応

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【萌える日本史講座】
中国・朝鮮半島の脅威、1600年前にも 世界遺産目指す「百舌鳥・古市古墳群」東アジア情勢へ機敏に対応

 国内最大の仁徳天皇陵古墳(堺市、墳丘長486メートル)などがある百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪府)について府などは2月1日までに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録に向けて正式な推薦書を提出する。その巨大古墳はなぜ突如として大阪平野に築かれたのか-。背景には、中国の朝鮮半島南下など激動する東アジア情勢があったという。北朝鮮の核ミサイルや中国の脅威など大陸に振り回される歴史は、はるか1600年前からあったようだ。(小畑三秋)

 4世紀末に大阪平野へ

 3世紀中頃に幕を開けた古墳時代は、邪馬台国(やまたいこく)の女王、卑弥呼(ひみこ)の墓ともいわれる箸墓(はしはか)古墳(奈良県桜井市、同280メートル)をはじめ、奈良盆地に巨大な前方後円墳が築かれ、初期ヤマト政権の中心だった。しかし、巨大古墳は4世紀末に大阪平野へ移り、百舌鳥・古市古墳群が形成された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国・朝鮮半島の脅威、1600年前にも 世界遺産目指す「百舌鳥・古市古墳群」東アジア情勢へ機敏に対応

「産経WEST」のランキング