産経WEST

【関西の議論】「結婚夢見た」男性は「独身外科医」ではなかった…訴訟合戦の行方は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「結婚夢見た」男性は「独身外科医」ではなかった…訴訟合戦の行方は

 インターネットを通じて知り合った独身の外科医は、妻子のある歯科医だった-。男性にだまされたとして、近畿地方の女性が慰謝料など825万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁であった。「お墓の中まで一緒に」とささやいてくれた男性は、「借金があるため結婚話を進められない」などと言っていたという。不信が募って提訴した女性に対し、男性は、ネット掲示板に名誉毀損(きそん)に当たる内容を書き込まれたとして女性に500万円の損害賠償を求めて反訴した。鋭く対立した男女の訴訟の行方は-。

「お墓の中まで一緒」

 訴訟記録や判決文から経緯をたどる。

 平成20(2008)年8月ごろ。大阪市内に住む30代前半の女性は、インターネットの交流サイトに登録した。当時離婚してから日が浅く、少しでも出会いがあれば、との思いからだった。

 そこで知り合ったのが外科医だという男性。男性は「独身で40歳の外科医。離婚歴はあるが、子供はいない」と説明し、2人は交際を始めたが、この説明が嘘だった。

 女性によれば、男性は「お墓の中まで一緒」など結婚を匂わすようなことを言っていた一方、同時に嘘の「借金話」を持ち出して、こう“牽制(けんせい)”もしていたとされる。

 「事業をしていた叔父が3億円の借金を残して失踪した。父親が連帯保証しており、自分たち兄弟が父親に代わって返済中。だから結婚の話を進めることはできない」

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング