産経WEST

センター試験中、大学職員が会場に携帯持ち込み、バイブ動く…受験生から苦情 大阪学院大

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


センター試験中、大学職員が会場に携帯持ち込み、バイブ動く…受験生から苦情 大阪学院大

大学入試センター試験の英語で、受験生に配布されたリスニング用の機器=2017年1月14日午後、東京都文京区の東京大学(代表撮影) 大学入試センター試験の英語で、受験生に配布されたリスニング用の機器=2017年1月14日午後、東京都文京区の東京大学(代表撮影)

 13日に大阪学院大(大阪府吹田市)であったセンター試験の英語リスニングの試験中、試験監督者だった大学職員が会場に持ち込んだ携帯電話のバイブレーションが動くなどし、受験生から苦情が出ていたことが16日、大院大への取材で分かった。受験生は「集中力がそがれた」として再試験を希望したが、大院大は「受験生に動揺は見られなかった」として、再試験は実施しないとしている。

■受験生が「嘔吐」も続行

 大学入試センターは、試験監督者に対して携帯電話を会場に持ち込まないよう周知しているが、大院大の聞き取りに対し、職員は「不注意だった」などと釈明。大院大は職員を口頭で注意したという。

 大院大などによると、13日午後、48人が受験し、4人が試験監督を務めていた教室で、かばんに入れていた職員の携帯電話のバイブレーションが動いた。この直後、職員はかばんを廊下に持ち出す措置を取り、その後、監督業務に戻った。

 職員の行為について、受験生は大院大に「集中力をそがれた」と指摘。大院大は「リスニング試験中ということもあり、職員は注意して(教室を)歩いた。受験生に動揺した様子は見られなかった」としており、再試験は実施しないという。

続きを読む

このニュースの写真

  • センター試験中、大学職員が会場に携帯持ち込み、バイブ動く…受験生から苦情 大阪学院大
  • センター試験中、大学職員が会場に携帯持ち込み、バイブ動く…受験生から苦情 大阪学院大

「産経WEST」のランキング