産経WEST

【衝撃事件の核心】「きょう打ち明けようと思った」バケツにコンクリ詰めの乳児4遺体、出産から20年後に自首した母親の罪業

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「きょう打ち明けようと思った」バケツにコンクリ詰めの乳児4遺体、出産から20年後に自首した母親の罪業

斉藤真由美被告 斉藤真由美被告

 「なぜか、きょう打ち明けようと思った」。女は1人で訪れた交番で、20年以上抱え込んできた“秘密”について、唐突に語り始めた。「4人の子供を出産しバケツに入れた」。昨年11月20日の朝のこと。その日のうちに、大阪府寝屋川市にある女の自宅から、乳児4人の遺体が見つかった。ただ奇妙というべきか、父親を含めて周囲は妊娠に気づいていなかったという。女は人知れず出産し、バケツに捨て、コンクリートを流し込んでいたのだ。そして、その重すぎる荷物を押し入れに隠しながら、前後して生んだ2人の子供を育ててもいた。母親の罪業(ざいごう)とは-。

厳重梱包

 現場は、寝屋川市内にある3階建ての集合住宅。無職の斉藤真由美被告(53)=死体遺棄罪で起訴=の自宅は、この3階にあった。

 昨年11月20日午前、捜索・差し押さえ令状を持った捜査員が室内に入った。容疑は殺人。直前に近くの交番にやってきた斉藤被告の説明通り、押し入れから4つの段ボール箱が見つかった。

 うち1つを開けたところバケツが見えた。付属のふたで密閉され、その上から粘着テープが巻かれていた。中にはコンクリートが詰められ、ずしりと重い。破砕しない限り、中身は判別できそうにない。

 大阪府警捜査1課は、CT(コンピューター断層撮影装置)などを使って死因を探る「Ai」(死亡時画像診断)の手法で、バケツの中身の解析に取りかかった。「人骨で間違いない」との結論に至り、日付をまたいだ21日午前1時20分、死体遺棄容疑の逮捕状を執行した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「きょう打ち明けようと思った」バケツにコンクリ詰めの乳児4遺体、出産から20年後に自首した母親の罪業

関連トピックス

「産経WEST」のランキング