産経WEST

【宝塚歌劇団】月組娘役トップ・愛希れいか、姉のように慕った珠城りょうを「最後まで支えたい」退団会見詳報

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇団】
月組娘役トップ・愛希れいか、姉のように慕った珠城りょうを「最後まで支えたい」退団会見詳報

退団会見で涙を流す愛希れいか=16日午前、兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(永田直也撮影) 退団会見で涙を流す愛希れいか=16日午前、兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(永田直也撮影)

 相手役を務めた龍、珠城、組の仲間、同期らに事前に退団の意を伝えた。龍は「退団までとにかく楽しんで」と言ってくれたという。「龍さんは娘役に転向にして1年も満たない私を導いていただいた恩師のような方。卒業されても常に私の道はここだよ、と教えてくださる。感謝しかないです」と話す。

 1学年差で宝塚音楽学校からの知り合いである珠城からは「よく頑張ったね」と言われたそう。「ずっと私を見ていてくださって、姉のように慕っていた方。コンビを組めて幸せでした。退団まで一生懸命、務めたい」とした。

 167センチの長身を生かしたダンス力をはじめ、歌唱力、演技力と3拍子そろった娘役として高い評価を得ている。宝塚歌劇団の小川友次理事長が昨夏、月組公演「グランドホテル」の特別監修を務めた世界的な演出家、トミー・チューン氏にお礼を言いに米国へ行ったとき。「愛希はネーティブの英語ができれば、ブロードウェーに立てる。踊りや品格がすばらしいとほめてくれた」という。

 これを受け、ブロードウェーに立つことを意識しているかを問われた愛希。「考えたことがなかったです」と笑いつつ、「トミーさんとの出会いで大きく変わったので。夢は大きく世界を目指したいと思います」と笑顔でリップサービス。最後に“お約束の質問”、結婚について出ると「ありがとうございます! 聞いてもらえないかと思っていました。でもないです」と笑わせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 月組娘役トップ・愛希れいか、姉のように慕った珠城りょうを「最後まで支えたい」退団会見詳報
  • 月組娘役トップ・愛希れいか、姉のように慕った珠城りょうを「最後まで支えたい」退団会見詳報
  • 月組娘役トップ・愛希れいか、姉のように慕った珠城りょうを「最後まで支えたい」退団会見詳報
  • 月組娘役トップ・愛希れいか、姉のように慕った珠城りょうを「最後まで支えたい」退団会見詳報

「産経WEST」のランキング