PR

産経WEST 産経WEST

【香川・鳥インフル】殺処分の鶏9万羽、焼却を開始 完了まで1週間

Messenger

 香川県は15日午後、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザが確認された同県さぬき市の養鶏場などで殺処分した鶏計約9万2千羽の焼却作業を開始した。県内4カ所の一般廃棄物焼却施設で燃やし、完了には1週間程度かかる見通し。

 県は11日夜に鶏の殺処分を始め、12日夜に終了。14日に発生養鶏場などで鶏舎の消毒やふんなどの無害化処理を終えた。

 また、環境省などは15日、養鶏場の半径10キロ圏内を中心に野鳥の生息状況などを調査した結果、新たな感染が疑われる死骸は見つからなかったと発表した。11日夜に高病原性の鳥インフルと確認されたのを受け、環境省中国四国地方環境事務所職員や専門家らが、渡り鳥の飛来地となる池など香川県の10カ所、徳島県の1カ所の計11カ所で、渡り鳥の種類や分布、野鳥の大量死などの異常がないかを調べていた。

 浜田恵造香川県知事は15日の定例記者会見で「わが国では鶏肉や卵を食べることによる人への感染例は報告されていない、ということを周知し、正確な情報提供で生産者や消費者の不安解消に努めたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ