産経WEST

【関西の議論】「伊賀の森友問題」に揺れる“忍者の里”…市が議員の仲介で借りた土地に「19年で8千万円」の賃料 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「伊賀の森友問題」に揺れる“忍者の里”…市が議員の仲介で借りた土地に「19年で8千万円」の賃料 

市が土地を借りて新たに設置した近鉄伊賀神戸駅近くのバス待機場。土地の賃借契約が市議会で問題視されている=平成29年12月20日、三重県伊賀市 市が土地を借りて新たに設置した近鉄伊賀神戸駅近くのバス待機場。土地の賃借契約が市議会で問題視されている=平成29年12月20日、三重県伊賀市

 「忍者の里」として知られる三重県伊賀市が、駅前の土地の賃借契約をめぐって揺れている。市が工業団地の通勤用バスの待機場(バスの転回されるスペース)として民間から約3千平方メートルの土地を借りたが、貸し手は有力市議の親族が関係する会社で、市が支払う借地料は約19年で8千万円余りに上る。しかも市には交渉に関する詳しい資料が残っておらず、「伊賀の森友学園問題」との批判が出ている。市議会は調査特別委員会(百条委員会)を設置し、年初から契約の経緯の検証を進めており、“忍者市長”として市をアピールしてきた岡本栄市長の政治姿勢が問われる可能性もある。(川西健士郎)

「記録は存在しない」

 特急が停車する近鉄大阪線の伊賀神戸駅。ここに市内の工業団地「ゆめぽりす伊賀」の従業員送迎のためのバス待機・転回場が設置されたのは、工業団地の立地企業連絡会が平成28年6月、設置を求める要望書を市に提出したことがきっかけだった。

 これを受け市は同年12月、駅から約200メートル離れた約3千平方メートルの土地をバス転回場として市内の会社から借りる契約を結び、29年1月から賃借が始まった。駅前のロータリーは朝の通勤時間帯、周辺住民の送迎の乗用車で込み合い、そこにバスが入ると事故の危険性が高まる-。バス転回場の必要性に関する市の説明だ。

 しかし、市議会ではこの土地賃借を問題視。市議会総務常任委員会で追及されたのは、市が負担する月額36万円の賃料だ。賃借は19年3カ月に及ぶ長期契約で総額8千万円以上に上る。委員会は転回場として必要な面積は借用地の3分の1程度で足りるとし、「賃料は高すぎる」と批判する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「伊賀の森友問題」に揺れる“忍者の里”…市が議員の仲介で借りた土地に「19年で8千万円」の賃料 
  • 「伊賀の森友問題」に揺れる“忍者の里”…市が議員の仲介で借りた土地に「19年で8千万円」の賃料 

関連トピックス

「産経WEST」のランキング