産経WEST

【東海の議論】ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東海の議論】
ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 

間近に見ることができるゼロ戦。当時の最高の技術水準がわかるが、展示にあたっては「戦争美化につながる」と反対の声もあった=愛知県豊山町のあいち航空ミュージアム 間近に見ることができるゼロ戦。当時の最高の技術水準がわかるが、展示にあたっては「戦争美化につながる」と反対の声もあった=愛知県豊山町のあいち航空ミュージアム

 このため県は展示を再検討。三菱重工史料室が29年5月から改装のため休館となったことで「移転展示」するという形とし、YS11などの正式展示とは別にコーナーを設けて暫定的に展示することとした。県担当者は「(ゼロ戦展示は)どうしてもということではないが、地元ゆかりの航空機を考えたときに避ける理由もない」と説明する。

 来館者の見方はどうか。翼の「沈頭鋲」などを注意深く見つめていた、旅客機のオプションパーツ設計士という名古屋市守山区の男性(80)は「初めて見た。想像より大きい。技術的に素晴らしく、当時、これだけの知識と技術があったのは驚く」といい、「戦争云々ではない」と付け加えた。名古屋市千種区から来た大学4年の男子学生(21)は「子供の頃、広島市で原爆ドームを見て戦争を知った。ゼロ戦をみることによって歴史を学ぶということもある」と話した。

「史実を隠すな」 広い世代が関心

 ミュージアムに隣接する県営名古屋空港(同町)は昭和19年2月に開設した小牧陸軍飛行場が源流。大戦中は航空隊基地として使用され、空襲も集中した。戦後は一時期、町境にある小牧、春日井、名古屋3市にも敷地を拡大した。

 陸軍飛行場の建設のため石拾いをした地元の柴田満枝さん(84)はゼロ戦を前に「空襲で逃げ惑い、常に死を覚悟していたことや、特攻で亡くなったいとこにおばがおはぎを持っていったら、すでに出撃後だったという話を思い出した」と振り返った。さらに、「ゼロ戦は戦争体験者に苦しく悲しい記憶を思い起こさせるが、公開で何があったのかをしっかりと伝え、戦争は絶対にあってはならないということを強く訴えてほしい」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 
  • ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 
  • ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 
  • ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 
  • ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 
  • ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示 

「産経WEST」のランキング