産経WEST

高級デニムの50%は広島・福山産 生産日本一「全国、世界に認知を」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高級デニムの50%は広島・福山産 生産日本一「全国、世界に認知を」

デニム素材のシャツなどを着た福山市職員らが出演したファッションショー=広島県の福山市役所 デニム素材のシャツなどを着た福山市職員らが出演したファッションショー=広島県の福山市役所

 デニムによる地域おこしは、「国産ジーンズ発祥の地」などをうたう岡山県倉敷市の方が先行している。しかし最終製品のジーンズではなく、その材料のデニム生地のメーカーは、国産高級デニムの約50%を生産するとされる広島県福山市のメーカー「カイハラ」など、福山市や岡山県井原市に集積している。

市職員がデニムファッションショー

 ジーンズやデニム素材のスカート、ジャケットなどをまとい、音楽に合わせてさっそうと花道を歩いた。昼休みに福山市役所の本庁舎1階市民ホールで開かれた「デニムファッションショー」。出演した“モデル”は10組24人の市職員で、同僚や来庁した市民ら約300人を前に、自分たちでコーディネートした「職場でのデニムの着こなし」を披露した。

 市が提唱する「いい藍の日」(11月1日)にちなむ「デニム製品着用週間」の最終日イベントで、集まった観客たちの関心も高く、「福山市がデニム産地と初めて知った」という声も聞かれた。

 そのため市は、生産量日本一の「デニム」を前面に押し出して地域シンボルとしたい考え。民間と協力し立ち上げた「備中備後ジャパンデニムプロジェクト」も進行中で、今年もさまざまなPRの仕掛けを計画している。

続きを読む

「産経WEST」のランキング