産経WEST

【銀幕裏の声】“関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
“関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?

大正駅編の撮影で、トミーズ雅(右端)と打ち合わせする木村プロデューサー 大正駅編の撮影で、トミーズ雅(右端)と打ち合わせする木村プロデューサー

 “関西発信”の連続ドラマとして、関西テレビで1昨年1~3月に放送された「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語」が話題を呼んだ。制作陣を同局のディレクターや関西在住の脚本家らで固め、俳優も関西弁を話す関西出身の俳優たちを配役。関西色を前面に打ち出した異色ドラマは深夜枠にも関わらず人気を呼び、昨年パート2が、そして今月16日から第3弾「大阪環状線Part3 ひと駅ごとのスマイル」(毎週火曜深夜零時25分)が放送される。“仕掛け人”はドラマ演出も手掛ける同局の木村弥寿彦(やすひこ)プロデューサー。「現在、関西で放送されている連ドラのほとんどが東京キー局での制作。この状況を変え、関西らしいドラマを作りたい」という一念で構想を温めてきた。関テレは今年創立60年を迎える。大学時代、自主製作映画を撮っていた木村さんは「パート4も構想中ですが、実は創立60年に向けて劇場版も計画しているんですよ」と壮大な構想を明かした。 (戸津井康之)

“オール関西”ドラマ

 「関西発信の連ドラで印象に残っているのは西郷輝彦さん主演の『どてらい男(やつ)』(昭和48~52年)ですね。関テレのスタジオで収録した国民的人気ドラマですが、それ以降、関テレでは単発ドラマはあっても全国放送される連ドラの制作が難しくなっているのが現状です」と木村さんは言う。

続きを読む

このニュースの写真

  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?
  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?
  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?
  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?

「産経WEST」のランキング