産経WEST

シャープ、タイ工場でテレビ生産倍増へ 戴社長直轄“重点地域”の東南アジアで巻き返し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、タイ工場でテレビ生産倍増へ 戴社長直轄“重点地域”の東南アジアで巻き返し

今年末に「8K」投入

 シャープはタイ国内でのテレビ販売について、18年3月期の目標を前期から数万台増の30万台としている。19年3月期にはさらに2~3割増やす方針。18年末には超高精細画質「8K」対応のテレビも投入する予定だ。

 タイ工場で生産したテレビはカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、インドにも出荷する。

 シャープは今月、社長の決裁権限を分担する共同最高経営責任者(CEO)体制を敷いたが、東南アジアは戴(たい)正(せい)呉(ご)社長が担当する重点地域に位置づけている。

「産経WEST」のランキング