PR

産経WEST 産経WEST

【星野仙一氏死去】「絶対あきらめない」…抜群の人心掌握術でマスコミも味方につけた「闘将」

胴上げされる阪神・星野仙一監督、18年ぶりの優勝に、選手らの喜びが爆発した(2003年9月15日)
胴上げされる阪神・星野仙一監督、18年ぶりの優勝に、選手らの喜びが爆発した(2003年9月15日)
その他の写真を見る(1/2枚)

 担当記者として星野氏に接したのは、阪神監督就任1年目だった平成14年の1年間だけだが、強烈な印象がある。

 前任の野村克也監督が率いた3年間、阪神はずっと最下位だった。しかも、最後は沙知代夫人の脱税疑惑に絡んだドタバタ劇で辞任。2代続けての“外様監督”としてチームを率いることになった星野氏は、チーム内外に蔓延(まんえん)していた「いくら頑張っても…」といった惰気を一掃しようとしていたように思う。

 「NEVER NEVER NEVER SURRENDER(絶対、絶対、絶対、あきらめない)」をスローガンに掲げて選手の意識改革を図るとともに、口うるさい「虎番記者」を味方につけることも忘れなかった。2月の春季キャンプの期間中、毎日のようにチーム宿舎で担当記者を招いての朝食会を開き、チームづくりや選手起用に関する自身の考えを披露した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ