産経WEST

父刺され死亡、殺人容疑で逃亡の息子逮捕 ナイフで顔など10カ所以上刺す 岡山・倉敷

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


父刺され死亡、殺人容疑で逃亡の息子逮捕 ナイフで顔など10カ所以上刺す 岡山・倉敷

 5日午前3時半ごろ、岡山県警水島署に「自宅で息子がナイフで父親を刺した」と家族が届け出た。署員が同県倉敷市連島町西之浦3917の1、無職岡正和さん(66)宅に駆け付けると、顔などから血を流し、寝室の布団であおむけに倒れた岡さんを見つけた。岡さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警は同4時35分ごろ、現場から約40キロ離れた同県瀬戸内市長船町で、逃走していた同居の三男で無職の展弘容疑者(29)を発見。殺人容疑で逮捕した。「間違いない」と話しており、親子間で何らかのトラブルがあったとみて調べる。

 逮捕容疑は同3時15分ごろ、2階寝室で岡さんの顔や首、胸などをナイフで刺して殺した疑い。

 岡さんは10カ所以上を刺されていた。展弘容疑者が逃走に使った軽乗用車からは、凶器とみられる刃渡り約17センチのサバイバルナイフが見つかった。

 岡さんの声に気付き、展弘容疑者の双子の弟(29)が駆け付けて母親(62)と署に届け出た。

「産経WEST」のランキング