産経WEST

【エンタメよもやま話】スマホ禁止、国歌・シャンソン歌いなさい! フランス「小・中学で合唱」義務づけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
スマホ禁止、国歌・シャンソン歌いなさい! フランス「小・中学で合唱」義務づけ

フランスの小・中学校(6歳~15歳)で、今年2018年9月の新学期から、生徒は校内で携帯電話を一切使ってはならないことに。一方、2019年1月までに、国内の全ての小・中学校に合唱団を作り、合唱を授業(教育課程)に組み入れる一件を報じた英紙ガーディアン(電子版2017年12月17日付) フランスの小・中学校(6歳~15歳)で、今年2018年9月の新学期から、生徒は校内で携帯電話を一切使ってはならないことに。一方、2019年1月までに、国内の全ての小・中学校に合唱団を作り、合唱を授業(教育課程)に組み入れる一件を報じた英紙ガーディアン(電子版2017年12月17日付)

 そして、地元のRTLラジオに対し「時には教育的な理由や緊急の場合に携帯電話を使う必要もあるが、何らかのコントロールがなされるべきだ」と説明し「学校長、教師、そして親御さんが協力し、スマホの画面や携帯電話に端を発する集中力の喪失から生徒たちを守らねばなりません」と宣言しました。

 さらに、今回の禁止措置は「家庭に対する公衆衛生上のメッセージ」であり「(とりわけ)7歳未満の子供たちが、あまりにも頻繁(ひんぱん)に、もしくは完全にスマホの画面の前にいないことは良いことである」と訴え、携帯電話が小さな子供たちに教育上、悪影響を及ぼすとの考えを重ねて強調しました。

 ちなみに、前述のデーリー・テレグラフ紙によると、現在、フランスでは12歳~17歳の生徒の93%、つまりほぼ全員がスマホを含む携帯電話を所有。

 また前述のフランス24はルモンド紙の報道を引用し、2015年の調査では、ティーンエージャー(13歳~19歳)10人のうち、8人が自分のスマホを持っていたが、2011年の調査では2人(20%)だったと説明。さらに小学校では、8歳より若い生徒たちの何人かが学校に携帯電話を持ち込んでいると報じました。

 さらに別の研究では、相当数の生徒たちが授業中にも関わらず、自分の携帯電話を使ってこっそりテキストメッセージを送受信していることが分かっています…。

 猛烈な勢いで子供たちの間で普及するスマホなどの携帯電話。それだけに、早くから対策に打って出る学校も少なくないようです。

 ブランケール国民教育大臣によると、既に国内のいくつかの小・中学校や教育施設では、生徒が携帯電話を使用することを禁止しているといい、今回の国としての全面禁止の強制は、これを徹底させるのが目的のようです。

 とはいえ、フランスの校長先生たちの組合では、今回の強制的な禁止措置に懐疑的な見方を示し、当の生徒たちも首をかしげています。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング