産経WEST

【草津の店主暴行死】亡くなった糸岡さん、特産品づくりや夏祭り復活に尽力 知人ら嘆き「理不尽」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【草津の店主暴行死】
亡くなった糸岡さん、特産品づくりや夏祭り復活に尽力 知人ら嘆き「理不尽」

糸岡真二さん(店舗ホームページから) 糸岡真二さん(店舗ホームページから)

 自らが経営する滋賀県草津市の飲食店で、客の不動産仲介業、浜野慶治容疑者(46)=傷害致死容疑で逮捕=ら2人から暴行を受けて死亡した糸岡真二さん(60)は、地元・草津市で地域活性化のリーダー役として積極的に活動していた。ハスの産地である同市でレンコンを特産品にする試みを有志と始めたり、途絶えていた夏祭りを復活させたりしていた。

 糸岡さんは約2年前に同級生らに呼びかけ、市内の水田でレンコン栽培を開始。今年の春と夏には千葉県などのレンコン農家を仲間と訪れ、研修を受けるなど特産品づくりに熱心に取り組んでいたという。近くの農業の男性は「栽培面積が増え、これから頑張っていこうと話していたところだった」と話す。

 また糸岡さんは約10年前に地域で途絶えていた夏祭りを復活させた。知人男性は「若者が定住するまちにしたいとよく言っていた。常に地域活性化を考えていた」と述べた。糸岡さんは以前、草津ライオンズクラブの役員も務めていた。白井幸則会長(55)は「みんなをまとめる面倒見のいい人だった。ご遺体を見たときは、誰か分からないくらい顔が腫れ上がっていた。こんな理不尽なことがあっていいのか」と悔やんだ。

「産経WEST」のランキング