産経WEST

【新幹線台車亀裂】「JR西が変わっていないことが分かった」「安全第一は掛け声だけ」…脱線事故遺族らが怒りの声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【新幹線台車亀裂】
「JR西が変わっていないことが分かった」「安全第一は掛け声だけ」…脱線事故遺族らが怒りの声

新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題を巡り、記者会見で謝罪するJR西日本の来島達夫社長(左)ら=27日午後、大阪市 新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題を巡り、記者会見で謝罪するJR西日本の来島達夫社長(左)ら=27日午後、大阪市

 JR西の会見には、兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故の遺族からも怒りの声が上がった。

 事故で妻の淑子さん=当時(51)=を亡くした山本武(たける)さん(68)=同県西宮市=は「岡山駅から何のために(車両保守担当社員を)乗せたのか。指令員が連絡を聞き逃していたとしても、乗せるように手配したのならば報告がなかったことをおかしいと思うべきだ」と批判。「事故がなかったのが幸いだが、今回の問題でJR西が変わっていないことが分かった。本気で変わっていく姿勢を見せてほしい」と述べた。

 長女の中村道子さん=当時(40)=を亡くした藤崎光子さん(78)=大阪市城東区=は「なぜ、異常を感じながら点検せず発車してしまったのか。運行ダイヤ優先という会社の雰囲気がそうさせてしまったのだろう」と指摘。「脱線事故で多くの犠牲者が出たことから一つも学んでいないと感じる。安全第一が掛け声だけで終わってしまっているように思えてならない。犠牲者が出なかったとはいえ、(今回の問題を)忘れてはいけない」と批判した。

「産経WEST」のランキング