産経WEST

【関西の議論】高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史

余部鉄橋を歩いて渡る住民ら(余部公民館所蔵) 余部鉄橋を歩いて渡る住民ら(余部公民館所蔵)

 兵庫県香美町のJR山陰線余部(あまるべ)鉄橋のコンクリート橋への掛け替えに伴い、4年前に旧橋脚を利用して整備された展望施設「空の駅」(高さ約40メートル)が鉄道ファンや観光客の人気を集めている。今年11月、地上から施設と隣の餘部(あまるべ)駅につながる高層エレベーター「余部クリスタルタワー」が完成し、利便性が増したためだ。橋の下の余部地区の住民にとってもエレベーター設置は「100年来の悲願」だった。明治期に東洋一といわれた鉄橋が完成しても地元に駅はなく、通勤や通学で長年不便を強いられただけに特別な思いを抱いている。(谷下秀洋)

エレベーターで利便性向上

 「空の駅」は、県が旧余部鉄橋の西側の橋脚の一部を保存・整備したもので、平成25年5月にオープンした。しかしエレベーターがなく、急勾配の上り坂が利用者の大きな負担になっていた。そこで香美町が約6億5千万円かけて地上と展望施設を結ぶエレベーターを設置。今年11月26日に利用開始され、橋の西側の餘部駅へのアクセスともなっている。

 エレベーター(棟は高さ47メートル)は全面ガラス張りの15人乗りで、展望施設まで日本海を眺めながら約40秒で到達。午前6時から午後9時半まで利用でき、夜間はLED照明で7色にライトアップされる。

鉄橋から取り残された集落

続きを読む

このニュースの写真

  • 高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史
  • 高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史
  • 高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史
  • 高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史
  • 高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史
  • 高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史
  • 高所・強風の余部鉄橋を歩いて通学した…あの事故だけでない、直下住民らの苦難の歴史

「産経WEST」のランキング