産経WEST

「丹波篠山市」市名変更にと匿名で1億円寄付 兵庫・篠山市担当者仰天、「改名に強い思い感じる」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「丹波篠山市」市名変更にと匿名で1億円寄付 兵庫・篠山市担当者仰天、「改名に強い思い感じる」

篠山市役所周辺。「丹波篠山市」への動きが浮上している 篠山市役所周辺。「丹波篠山市」への動きが浮上している

 兵庫県篠山市に、「丹波篠山市」への市名変更を要望し、匿名で1億円の寄付が寄せられたことが26日、同市への取材で分かった。 篠山市は平成11年、旧篠山町など4町が合併し誕生。篠山市の伝統工芸品「丹波焼」が隣の丹波市産と誤解されるケースなどを踏まえ、周辺地域の呼称として知られる「丹波篠山」に変えようとの意見が最近、市民らから出て議論が続いている。

 市の担当者は「あまりの大きな金額に驚いている。改名に強い思いを感じるが、広く市民の声を聞いて議論を進めていきたい」と話している。

 市によると、今月19日に電話で寄付の申し入れがあった。22日に「『丹波篠山市』への市名変更にお使い願います」などと書かれた酒井隆明市長宛てのメッセージが届き、ふるさと納税の制度を利用し、市の口座に入金があった。

 市は名前を変更した場合、看板の更新などで約6550万円の費用を見込んでおり、今回ははるかに上回る金額となった。

このニュースの写真

  • 「丹波篠山市」市名変更にと匿名で1億円寄付 兵庫・篠山市担当者仰天、「改名に強い思い感じる」
  • 「丹波篠山市」市名変更にと匿名で1億円寄付 兵庫・篠山市担当者仰天、「改名に強い思い感じる」

「産経WEST」のランキング