産経WEST

包丁で刺され男性死亡、23歳息子を逮捕 大阪・平野

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


包丁で刺され男性死亡、23歳息子を逮捕 大阪・平野

 24日午前8時35分ごろ、大阪市平野区加美北の民家で「孫が暴れている」と119番があった。駆けつけた消防隊員が、家の中で住人の溶接業、原信介さん(55)が顔などから血を流して倒れているのを発見。救急搬送したが、病院で死亡が確認された。

 大阪府警平野署は、原さんを包丁で切りつけて殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で息子の無職、孝佑(こうすけ)容疑者(23)を現行犯逮捕。動機について「言いたくない」と供述しており、殺人容疑に切り替えて詳しい経緯を調べる。

 同署によると、孝佑容疑者は両親と祖母の4人暮らし。切りつけるのを制止しようとした母親も、胸や腕に傷を負ったが命に別条はないという。

 孝佑容疑者は犯行後、自転車で逃走したが、約30分後に同署員が平野区と隣接する同府東大阪市内の路上で身柄が確保された。

「産経WEST」のランキング