産経WEST

【クレーンゲーム詐欺】高価な景品、射幸心あおる 「絶対取れる」従業員実演し、客引き留め

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【クレーンゲーム詐欺】
高価な景品、射幸心あおる 「絶対取れる」従業員実演し、客引き留め

押収されたクレーンゲーム機や景品 押収されたクレーンゲーム機や景品

 大平剛史容疑者が運営するゲームセンターでは、高価な景品を並べて客の射幸心をあおり、獲得できなかった客が帰ろうとすると従業員が実演。成功してみせ、「絶対に取れる。元を取らないと」などと言葉巧みに引き留め、高額な料金を支払わせていたという。

 大阪府警によると、最初はクレーンゲーム以外の目的で入店した客に、従業員が「3回まで無料で遊ばせてあげる」などと勧誘。徐々にタブレット端末やゲーム機などを景品に加え、「成功すれば全部あげる」と言って料金を1回500円から最終的には1万円までつり上げていた。

 逮捕容疑となった事件で使われたのは、ボタンでアームを操作し、ひもでつるされた景品をはさみで切って落とすゲーム機。客が狙った場所ではさみを停止させようとしても位置がずれ、必ず失敗するよう設定されていたという。

 客があきらめて帰ろうとすると、気付かれないように設定を変更し、従業員が代わりに操作。成功してみせ、「子供でも落とせる」などとあおり、ゲームを続けさせていた。

 従業員が現金自動預払機(ATM)や消費者金融で金を引き出すよう促すこともあったという。平成27年以降、30人から計約600万円の被害相談があり、60万円以上使った人もいた。

 インターネットでも店の不正を疑う声が上がっていたといい、大阪・ミナミの別のゲームセンターの関係者は「一部の店の行為で業界全体に悪いイメージがつき、大迷惑だ」と憤った。

「産経WEST」のランキング