産経WEST

シャープ、4人の共同CEO体制に 戴社長の後継育成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、4人の共同CEO体制に 戴社長の後継育成

 シャープは23日、来年1月1日から新設する共同最高経営責任者(CEO)に、親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業から派遣された戴正呉(たいせいご)社長を含む幹部4人が就く体制を決めた。社長の決裁権限を分担し、戴社長の後継育成につなげる。

 共同CEOには、戴社長のほか、シャープ生え抜きの野村勝明副社長、ソニー出身の石田佳久副社長、鴻海グループ出身の高山俊明代表取締役が就任する。

 戴社長は超高精細画質「8K」の技術と東南アジア地域などを担当。管理統括本部長の野村氏は日本国内、石田氏は先端技術の戦略と欧州、高山氏は中国などと地域別や事業分野ごとに権限を分ける。

 今後も社内外から増員も検討しており、次期社長候補として資質を見極める。

「産経WEST」のランキング