産経WEST

近大病院など移転計画変更「撤回を」 大阪狭山など地元自治体が要望書

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


近大病院など移転計画変更「撤回を」 大阪狭山など地元自治体が要望書

 近畿大学医学部付属病院と医学部(大阪府大阪狭山市)の堺市への移転計画変更問題で、大阪狭山市を含む「南河内医療圏」の6市町は20日、清水由洋・近大理事長あてに計画変更撤回を求める要望書を提出した。

 要望書は同市と河内長野、松原、羽曳野の4市、河南、太子の2町の連名。移転計画変更の撤回、大阪狭山市に約300床の病院を存続させることなどを求めている。

 このほか、地元の大阪狭山市が、単独で清水理事長あてに移転再編計画変更に関する抗議文を、さらに、6市町と千早赤阪村は、松井一郎知事あてに病院移転に伴う医療体制の確保を求める要望書をそれぞれ提出した。

 近大は大阪狭山市の医学部付属病院(929床)と医学部の堺市移転計画で「同病院を約300床に縮小、存続させる」といった当初計画を変更、同病院閉鎖などを含む新方針を明らかにした。

「産経WEST」のランキング