産経WEST

【取材の現場から】九州北部豪雨 止まない雨に「不気味さ」、土砂・濁流言葉失い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【取材の現場から】
九州北部豪雨 止まない雨に「不気味さ」、土砂・濁流言葉失い

警察官に抱きかかえられて安全な場所に向かう子供たち=7月6日、福岡県朝倉市(恵守乾撮影) 警察官に抱きかかえられて安全な場所に向かう子供たち=7月6日、福岡県朝倉市(恵守乾撮影)

 まるで津波に襲われたかのような惨状だった。

 九州北部が記録的な豪雨に見舞われた7月、取材班の一人として、大きな被害が出た福岡県の山間部にある朝倉市に入った。レンタカーで進めるところまで向かい、途中からは、車を降り、山から崩れた土砂や大量の樹木に足を取られながらも進んだ。ある集落にたどり着いた。

 思わず言葉を失った。目の前に広がったのは、一面を覆う土砂に、冷蔵庫などの家電製品や乗用車が点々と埋まる光景。住宅のコンクリートの基礎だけが残っていた。不謹慎かもしれないが、東日本大震災の際、津波ですべてを流された被災地と重なった。

 周囲の山々を見回すと、何カ所も土砂崩れを起こし、茶色の土が斜面に沿って、爪で引っかいたようにむき出しになっていた。河川では、土砂崩れを起こした山から大量の樹木が流れ込み、水をせき止めてしまい、氾濫があちこちで発生していた-。

 あの取材からまもなく半年。濁流に飲まれた住人が約50キロ離れた有明海で遺体で見つかり、今月3日には、35人目の遺体が見つかった。被害の大きさを改めて感じる。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング