産経WEST

肛門にシャワーの湯→大腸の一部破裂 生後3カ月長男への傷害容疑で21歳父親再逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


肛門にシャワーの湯→大腸の一部破裂 生後3カ月長男への傷害容疑で21歳父親再逮捕

 生後3カ月の長男に肛門からシャワーの湯を注入し、大腸の一部を破裂させる重傷を負わせたとして、岐阜県警岐阜中署は19日、傷害の疑いで、岐阜市の無職、石井利樹容疑者(21)を再逮捕した。「けがを負わせるつもりはなかった」と容疑の一部を否認しているという。

 再逮捕容疑は11月28日午後5時55分ごろ、自宅の浴室で、長男の肛門にシャワーを当てて体内に湯を注入、大腸の一部を破裂させ、腹膜炎など2カ月の重傷を負わせたとしている。シャワーヘッドを外して湯が勢いよく出るようにしていたという。

 同日午後6時ごろ、同居の女性(26)が「息子がお風呂の水を飲み、呼吸がない」と119番。顔などに傷があったことから病院が児童相談所に連絡し、児相が同署に通報した。長男は石井容疑者と女性との実子。

 同署は翌29日、長男の顔を殴り約1週間のけがを負わせたとして、傷害容疑で石井容疑者を逮捕。同容疑者は殴ったことを認め、「泣きやまないことに腹が立った」と供述しているという。岐阜地検は、この傷害容疑について処分保留とした。

「産経WEST」のランキング