産経WEST

マレーシア国内組織関与か 偽造カード事件、再逮捕の男「上層部から大丈夫」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マレーシア国内組織関与か 偽造カード事件、再逮捕の男「上層部から大丈夫」

 マレーシア人の男らが偽造クレジットカードを悪用し高級ブランド品をだまし取ったとされる事件で、兵庫県警組織犯罪対策課は18日、詐欺などの疑いで、マレーシア国籍の無職、リー・オン・ヘン被告(29)=同罪などで起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 一連の事件で県警はこれまでにマレーシア人6人を逮捕。被害額は646万円に上るという。県警の調べにリー容疑者は「マレーシア国内の上層部から『大丈夫だ』といわれたので偽造カードを使った」と供述。同様の事件は全国で相次いでおり、県警はマレーシア国内の組織が関与した疑いがあるとみて調べている。

 再逮捕容疑は11月4日、神戸市中央区の百貨店で、偽造カードを悪用し68万円の腕時計をだまし取ったとしている。

「産経WEST」のランキング