産経WEST

【実録 韓国のかたち 第3部(1)】“法治破壊”する文政権-「積弊清算」の美名の下、盧武鉉自殺への政治的報復・保守壊滅作戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【実録 韓国のかたち 第3部(1)】
“法治破壊”する文政権-「積弊清算」の美名の下、盧武鉉自殺への政治的報復・保守壊滅作戦

訪中し、歓迎式典に臨む韓国の文在寅大統領(右)と中国の習近平国家主席=14日、北京の人民大会堂(共同) 訪中し、歓迎式典に臨む韓国の文在寅大統領(右)と中国の習近平国家主席=14日、北京の人民大会堂(共同)

「明らかに憲法と刑法違反」の朴槿恵裁判

 与党「共に民主党」は「(朴槿恵=パク・クネ=前大統領の)弾劾に不服で文大統領を認めようとしない傲岸不遜な行為だ」と即刻反発、沈に副議長辞任と謝罪を要求した。

 沈は続いて次のような声明を出した。「与党は私の真意を歪曲すべきでない」「文在寅の半年の国政運営を概観する限り、内乱の罪から自由ではいられない」

 拘束中の前大統領、朴については、週4回の公判が半年間も開かれた。弁護人が裁判の進め方に抗議して辞任するなど結審のめどは立っていない。朴の拘束はさらに半年間延長された。

 朴槿恵裁判を1回も欠かさず傍聴してきた「月刊朝鮮」元記者、ウ・ジョンチャンはこう憤る。

 「明らかに憲法と刑法違反。推定無罪の原則にも反する不当な拘束だ。韓国国民は、政権ににらまれたら誰であれ、いつでも逮捕され、証拠がそろうまで監禁されるのだろう」

「日韓合意」立役者が逮捕

 文在寅政権下で拘束されているのは前大統領の朴槿恵だけではない。サムスングループの事実上のオーナーである李在鎔(イ・ジェヨン)、元大統領秘書室長の金淇春(キム・ギチュン)、最近では朴政権で駐日大使や国情院院長などを歴任した李丙●(=王へんに其)(ビョンギ)が逮捕された。

 李丙●(=王へんに其)は2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意を実らせた立役者としても知られる人物だが、国情院長時代に「特殊活動費」を大統領府に「上納」したとの疑いがもたれている。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング