産経WEST

がん療法の京大原子炉で重水漏れ、臨床研究中断 運転再開直後1カ月

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


がん療法の京大原子炉で重水漏れ、臨床研究中断 運転再開直後1カ月

 8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワット)が9月に重水漏れを起こし、原子炉などで発生した中性子線を使ったがん治療法「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の臨床研究が約1カ月間中断していたことが18日、原子力規制委員会などへの取材で分かった。

 KURは東京電力福島第1原発事故後の2014年に定期検査で停止。京大は安全対策工事などを進め、16年に新規制基準の適合性審査に合格し、今年8月29日に運転を、同31日に臨床研究をそれぞれ再開したばかりだった。京大は「患者の方々に申し訳ない」としている。

 BNCTは、がん細胞にホウ素剤を取り込ませた上で中性子線を照射し、がんを選択的に破壊する。「次世代の治療法」とされ、手術は不要だ。

 規制委などによると、9月20日にKURのトリチウム監視モニターの警報が鳴り、京大が調査したところ、重水タンクにつながる配管で漏れを確認。予定していた患者へのBNCT治療の臨床研究を中止した。

 漏水量は100ミリリットル程度とみられ、規制委は量が微量で人体に影響がないとして、保安規定違反には当たらないと判断した。京大は原因調査の結果、配管同士をつなげる部分のボルトの締め付け不良が原因とみて補修し、10月24日に臨床研究を再開した。

「産経WEST」のランキング