産経WEST

新出の植物図譜を発見 京都と江戸の蘭学者が模写・翻訳 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新出の植物図譜を発見 京都と江戸の蘭学者が模写・翻訳 

「マナクチヲン」と記された九官鳥(「彩色ジャワ植物図譜」より、監修・山崎剛史山階鳥類研究所自然誌研究室長) 「マナクチヲン」と記された九官鳥(「彩色ジャワ植物図譜」より、監修・山崎剛史山階鳥類研究所自然誌研究室長)

 西洋人植物学者がインドネシアで描いた植物などの絵を、江戸後期に江戸で活躍した蘭学の第一人者宇田川榕菴(1798~1846年)と京都で独自のオランダ語研究を開拓した蘭学者辻蘭室(1756~1836年)が協力して模写、翻訳した、これまで知られていなかった植物図譜(図鑑)が16日までに見つかった。

 調査グループの松田清京大名誉教授(日本洋学史)は「植民地で発展した西洋の植物学の初期の成果を、蘭学者が受容した過程を示す貴重な史料。江戸蘭学と公家文化の融合という側面も初めて分かった」と話している。

 「彩色ジャワ植物図譜」と名付けられた図譜は縦約31センチ、横約22センチの和とじ本で、ショウガ科の草など植物130図と九官鳥など鳥4図が精密に描かれていた。

 

「産経WEST」のランキング