産経WEST

【今週の注目記事】ネット民ざわつかせたフリフリの「ロリータ包丁」…伝統工芸とサブカルが奇跡の融合、ガンダムに登場の武器も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
ネット民ざわつかせたフリフリの「ロリータ包丁」…伝統工芸とサブカルが奇跡の融合、ガンダムに登場の武器も

ウサギの形の柄が付いた「ラピン」(上)と包丁の背がチョウの形をした「ジュリエット」=兵庫県高砂市 ウサギの形の柄が付いた「ラピン」(上)と包丁の背がチョウの形をした「ジュリエット」=兵庫県高砂市

 刃に模様を描いた包丁はこれまでもあったが、後に発売に至った2品は刃が複雑に変形している。デザインを見た田中さんは「できるかな」と不安だったというが、試作を繰り返して4カ月で完成させた。

 田中さんは現在、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する架空の武器「ヒートホーク」をイメージした包丁などを製作している。価格を1万円台後半~4万円に抑えて近く発売する予定だ。

「リアル」武器屋に

 飾りが付いた剣や複雑な刃先のやり…。ガンダムに登場する宇宙艦「ホワイトベース」をイメージしたという匠工芸の工場は、アニメやゲームから飛び出てきそうな武器が並ぶ。

 子供時代からガンダムのプラモデルを作るのが好きだった折井さんは工業高校を卒業後、プラスチック加工会社でものづくりの技術を磨いた。「好きなことを形にしたい」と30歳で匠工芸を設立した。

 企業の看板などを手がけ、事業は数年で軌道に乗ったが、心が満たされることはなかったという。利益を出すことに追われて自殺を考えるまで精神的に追い込まれたこともあり、スタッフや友人も離れていった。

 そんな時に思い出したのがガンダムへのあこがれだった。「好きなことを形にするため会社を立ち上げたのに今の自分はワクワクしていない」と気がついた。

続きを読む

このニュースの写真

  • ネット民ざわつかせたフリフリの「ロリータ包丁」…伝統工芸とサブカルが奇跡の融合、ガンダムに登場の武器も
  • ネット民ざわつかせたフリフリの「ロリータ包丁」…伝統工芸とサブカルが奇跡の融合、ガンダムに登場の武器も
  • ネット民ざわつかせたフリフリの「ロリータ包丁」…伝統工芸とサブカルが奇跡の融合、ガンダムに登場の武器も
  • ネット民ざわつかせたフリフリの「ロリータ包丁」…伝統工芸とサブカルが奇跡の融合、ガンダムに登場の武器も

「産経WEST」のランキング