産経WEST

【鉄道ファン必見】JR西も“美少女駅員”採用…鉄オタ魅了、広がる「鉄道むすめ」の輪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
JR西も“美少女駅員”採用…鉄オタ魅了、広がる「鉄道むすめ」の輪

JR白浜駅の駅員をモデルにした美少女キャラクター「黒潮しらら」(JR西日本和歌山支社提供) JR白浜駅の駅員をモデルにした美少女キャラクター「黒潮しらら」(JR西日本和歌山支社提供)

 近畿2府4県の鉄道会社では、和歌山電鉄の「神(こう)前(ざき)みーこ」(運転士)や、JR西日本の子会社であるジェイアール西日本フードサービスネットの「倉敷みずほ」(新幹線パーサー)などがいるが、JR西本体では初の「鉄道むすめ」だ。

 「黒潮しらら」は白浜駅の駅員(運輸管理係)で、名前は特急「くろしお」と白浜の観光名所「白良浜(しららはま)」からとった。同駅で毎年夏に行っている駅員のアロハシャツ業務に合わせてアロハシャツを着用し、和歌山アドベンチャーワールド(同町)のパンダにちなんでパンダのマスコット人形を背負っている。

 キャラクター設定も細かく、人と接するのが大好き▽親戚も多くが白浜駅周辺の役場や銀行などで勤務▽動物が大好きで、一番好きなのはパンダ-といった具合だ。

 同駅では、10月14日から駅構内コンコースに記念撮影用ボードを設置。同支社は「今後はグループ会社や県内のほかの鉄道会社の『鉄道むすめ』ともコラボレーションできれば」と期待を寄せる。

 各地で活躍する「鉄道むすめ」たち。埼玉県久喜市の同市商工会栗橋支所では、トミーテックのほか東武鉄道(東京都)などの協力を得て、東武鉄道の駅務係をつとめる鉄道むすめ「栗橋みなみ」をまちおこしに生かす事業を展開している。毎年、栗橋みなみの誕生を祝うイベントも行い、夏祭りの冠にもその名を付けるなど、あの手この手で活用している。

続きを読む

このニュースの写真

  • JR西も“美少女駅員”採用…鉄オタ魅了、広がる「鉄道むすめ」の輪

「産経WEST」のランキング