産経WEST

【竹島を考える】「サンフランシスコ慰安婦像」許した政府、国会の無策…地方任せでなく国が「外交戦」を 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
「サンフランシスコ慰安婦像」許した政府、国会の無策…地方任せでなく国が「外交戦」を 下條正男・拓殖大教授

米サンフランシスコ市にある慰安婦像。姉妹都市の大阪市が設置に反対してきたが、こうした問題では国が「外交戦」をとるべきだろう 米サンフランシスコ市にある慰安婦像。姉妹都市の大阪市が設置に反対してきたが、こうした問題では国が「外交戦」をとるべきだろう

 北朝鮮からとみられる木造船が東北地方などの日本海沿岸に相次いで漂着している。食糧難に喘(あえ)ぐ北朝鮮当局が「冬季漁獲戦闘」を奨励しているからという。北海道松前町の無人島に接岸した木造船からは島にあった発電機などが見つかり、道警が窃盗容疑で自称北朝鮮国籍の船長ら乗員3人を逮捕する事態に。船からはテレビなどの家電も見つかっている。そこで思い出したのが、新羅(しらぎ)の海賊である。新羅時代末期(9~10世紀ごろ)、対馬島や九州北部が新羅の海賊に襲われる事件が起きていた。

毅然とした態度取らず国威損ねてきた日本

 竹島問題の発端にも、これと似た出来事があった。江戸時代、鳥取藩米子の大谷家が幕府の許可を得て欝(うつ)陵(りょう)島に渡っていたが、1693年、漁撈(ぎょろう)活動のため渡海すると、島に残しておいた小舟や道具類を朝鮮の漁民が無断で使っていた。そこで大谷家の船頭らは、越境侵犯の生き証人として漁民の安龍福(アン・ヨンボク)ら2人を連れ帰り、鳥取藩に訴え出た。これが、竹島問題の始まりである。

 北朝鮮の漁船が日本の排他的経済水域内で違法漁撈を行うのも、新羅の海賊が王命で対馬島を襲ったのも、竹島を侵奪した韓国と同様、国家的犯罪行為である。

 だが、いずれの事例でも日本側は毅然とした態度をとらず、国威を損ねてきた。それは、拉致問題や尖閣諸島問題、北方領土問題とも共通する。そこで近年、日本政府も海外広報に関心を持ち、海外での広報活動をすることにしたのだという。

慰安婦問題も「歴史戦」から「外交戦」に

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング