産経WEST

【理研が語る】「有機化学」は一線越えれば面白いパズル 自然界のルール破った、その先には…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【理研が語る】
「有機化学」は一線越えれば面白いパズル 自然界のルール破った、その先には…

実験に取り組む中学生。有機化学は、一線を越えたら面白いパズルだ 実験に取り組む中学生。有機化学は、一線を越えたら面白いパズルだ

 僕の高校の化学の先生はちょっと変わっていた。授業は毎回実験室で行われ、オリジナルの手順書を用意して、生徒に手を使わせ続けた。そんなスタイルの授業は受験を控えた時期になっても続き、生徒の評判は真っ二つだったが、僕は大好きだった。その後、大学の講義を通じてさまざまな学問にも出合ったが、最終的に化学を専攻した。

 僕はいま、有機化学という世界で、分子を自由に改造する方法を研究している。有機化学というと、授業で亀の甲のような形の化学式を見ていやになった人もいると思うが、一線を越えれば面白いパズルである。このパズルには、プラスとマイナスはくっつくなど直感的なルールがいくつか存在する。僕らの身体の中にある無数の分子もこのルールに従い、お互いにくっついたり離れたりしながら、多彩な生命の活動を支えている。実に偉大なルールである。

 僕の興味は、この与えられたルールを破ることにある。例えばプラスとマイナスがくっつくというルールがあるならば、さまざまな工夫を凝らせばプラスとプラスでもくっつくようになるのではないか。こうしてこれまでにいくつかのルールの破り方を見つけてきた。ルールを破ると、分子の新たなつなぎ方が生まれる。やや極端な話をすれば、最終的には分子を自由につなげて、どんな物質でも作れるようになるだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「有機化学」は一線越えれば面白いパズル 自然界のルール破った、その先には…

「産経WEST」のランキング