産経WEST

男女13人が食中毒症状 兵庫・三田市の飲食店

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


男女13人が食中毒症状 兵庫・三田市の飲食店

 県は1日、三田市の飲食店「囲炉裏ダイニング 玻璃(はり)」で食事をした市内の17~62歳の男女13人が下痢や腹痛などの症状を訴え、このうち8人から細菌のカンピロバクターを検出したと発表した。1人が一時入院したが、全員快方に向かっているという。

 県によると、13人は11月20日午後7時ごろにソフトバレーボールチームのグループで同店を訪れ、鶏の盛り合わせやサラダなどを食べた。県は同店の食事が原因の食中毒と断定し、店を1日から2日まで2日間の営業停止処分にした。

「産経WEST」のランキング