産経WEST

「奈良のシカ」保護啓発ポスターコンクール表彰式、外国語の作品も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「奈良のシカ」保護啓発ポスターコンクール表彰式、外国語の作品も

奈良県知事賞を受賞した森裕理さんと入賞作品=奈良市 奈良県知事賞を受賞した森裕理さんと入賞作品=奈良市

 国の天然記念物「奈良のシカ」の保護を呼びかける「第13回国の天然記念物『奈良のシカ』保護啓発ポスターコンクール」(奈良の鹿愛護会主催)の表彰式が25日、奈良市の県立図書情報館で開かれ、入賞者に賞状と記念品が贈られた。

 入賞作品は、12月10日までは同館エントランスホールで、12月11日~15日は、奈良市役所市庁舎玄関ギャラリーで展示される。

 今年は全国の小学生から865点の作品が寄せられ、審査によって県知事賞、奈良市長賞、春日大社宮司賞各1点、特別賞4点、入選18点が選ばれた。作品には愛嬌のあるシカの絵とともに「しかとなかよし」や「つなごう鹿のいのち」などのメッセージが添えられている。

 表彰式では、奈良の鹿愛護会の大川靖則会長が「今年は外国語が書かれたポスターもあり、国際色豊かだった」とあいさつした。

「産経WEST」のランキング