産経WEST

「虚偽書き込みで業務妨害」結婚相談所が口コミサイトを提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「虚偽書き込みで業務妨害」結婚相談所が口コミサイトを提訴

 結婚相談所の口コミサイトに虚偽の内容で誹謗(ひぼう)中傷する書き込みを掲載され、業務を妨害されたなどとして、大阪府内で結婚相談所を運営する3社が、サイト運営者の同府の男性に対し、該当ページの削除とそれぞれ300万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが25日、分かった。男性側は請求棄却を求め、争う方針を示している。

 訴えを起こした原告は、同府東大阪市の関西ブライダル▽同府茨木市のハートフルマリアージュ▽大阪市中央区のトータルマリアージュサポート-の3社。

 訴状などによると、この口コミサイトは、全国の結婚相談所について、利用した感想や意見を誰でも書き込むことができるが、男性が確認し、承認したものが「口コミ」として公開される。

 サイトに掲載された3社の口コミは、ほぼ全てがマイナスな評価の内容で、「サクラばっかり」「(従業員が)しつこくて、最低最悪」「他の相談所に比べると高い」などと書かれていたといい、原告側は「事実と異なる」と男性に削除を求めたが、現金を要求されたと主張。

 3社以外の一部の結婚相談所はマイナス評価の口コミがないことが判明したとして、「お金を支払っている相談所には好意的な口コミを掲載しているとみられる」とし、虚偽の口コミで名誉を毀損(きそん)されて利用者の信用を失い、売り上げ低下につながる業務妨害を受けたと訴えている。

 原告のうちトータルマリアージュサポートは取材に、同サイトを閲覧して契約解除を申し出る客も多く出ているとして、「マイナス評価の投稿が事実であれば改善につなげたいが、明らかにそうではない内容がある」と話した。

 一方、男性の代理人弁護士は「係争中なのでコメントできない」としている。

「産経WEST」のランキング