産経WEST

【脳を知る】脳の病気は無症状で進行 脳ドックを一度受けてみては

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【脳を知る】
脳の病気は無症状で進行 脳ドックを一度受けてみては

脳ドックでは脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、認知症を早期に発見できる 脳ドックでは脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、認知症を早期に発見できる

 このコラムをごらんになっている方々は、健康管理について少なからず関心をお持ちであると思います。皆さまは健康診断や人間ドックを受診されたことはあるかと思いますが、脳ドックを受けられたことはありますか。通常の健康診断や人間ドックでは、脳の検査は行われません。多くの脳の病気は無症状で進行し、発症すれば重大な症状となる可能性が高いです。

 脳ドックは脳の健診を行い、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍や認知症を早期に発見し、それらの進行を予防する目的で行われています。頭部MRI(磁気共鳴画像装置)検査を中心とした画像検査で、小さな脳梗塞や脳動脈瘤(りゅう)(脳の血管のこぶ)、脳腫瘍、脳の萎縮などを発見し、さらに血液、心電図などの検査を組み合わせて、脳梗塞や脳出血の発症の可能性を調べます。

 脳ドックを受診した人では、特に高齢者で直径2ミリ以下の小さな脳梗塞が発見されることが多いです。このような小さな脳梗塞が発見された人の大半は「無症候性脳梗塞」といい、自覚症状がありません。これは脳梗塞を発症した部分が小さく、かつ脳の働きに大きな影響を与える場所ではなかったため、大事に至らずに済んだといえます。しかし、このような脳梗塞が発見されたということは、さらに動脈硬化が進むと、大きな脳梗塞を生じ、言語障害や手足のまひなどの大きな障害を招く可能性があるといえます。

 脳ドックでは、脳梗塞のほかに脳動脈瘤も発見できます。脳動脈瘤は破裂すると、生命の危険に関わるくも膜下出血を生じますが、大きなサイズでない限り、頭部MRIを定期的に行い経過観察することで破裂を予防できます。

続きを読む

「産経WEST」のランキング