産経WEST

点滴チューブ外れ70代女性失血死  今年4月、岐阜の県立病院

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


点滴チューブ外れ70代女性失血死  今年4月、岐阜の県立病院

点滴チューブの接続部分について説明する、岐阜県立多治見病院の上田幸夫副院長=25日午後、岐阜県多治見市 点滴チューブの接続部分について説明する、岐阜県立多治見病院の上田幸夫副院長=25日午後、岐阜県多治見市

 岐阜県立多治見病院で今年4月、入院していた県外の70代女性の点滴チューブが接続部分で外れ、女性が失血死していたことが25日、病院への取材で分かった。多治見署は業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査している。

 病院によると、看護師が4月11日午後6時20分ごろ、首に挿入されたカテーテルから点滴を実施。午後8時ごろ、心電図モニターで異常に気付き、病室で確認したところ、点滴チューブが薬の流れを調節する器具との接続部分で外れて出血しており、女性は心肺停止の状態だった。

 病院は多治見署に通報、司法解剖の結果、失血死と分かった。女性は重症で、自力で外した可能性は低く、防犯カメラの分析でも、外部から不審者の侵入は確認されなかった。 接続部分はチューブをねじ込む仕組みになっており、看護師は緩みがないか目視で確認したと説明。点滴前に外れやすくなっていた可能性もあるとして、事故後は手で触り確認するよう徹底している。

 病院は日本医療安全調査機構に医療事故として報告。5月に医療事故調査会を設置し、来年1月までに原因や再発防止策をまとめる方針。 上田幸夫副院長は「こうした事故が二度と起きないよう再発防止策を講じたい。遺族にも誠意ある対応をしていく」と話した。

このニュースの写真

  • 点滴チューブ外れ70代女性失血死  今年4月、岐阜の県立病院

「産経WEST」のランキング