産経WEST

【今週の注目記事】鉄道車両、神鋼部品に高い専門性 メーカーは不信抱くも切り替えに二の足 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
鉄道車両、神鋼部品に高い専門性 メーカーは不信抱くも切り替えに二の足 

記者会見で頭を下げる神戸製鋼の川崎博也会長兼社長=10月26日、東京都千代田区(川口良介撮影) 記者会見で頭を下げる神戸製鋼の川崎博也会長兼社長=10月26日、東京都千代田区(川口良介撮影)

 神戸製鋼所の性能データ改竄(かいざん)問題で、不正製品を使用している鉄道車両メーカー各社が神戸製鋼から提出されたデータを元に、車両の強度など安全性の確認を進めている。実車での検査は解体を伴うため、書類のみの検査を行っているが、現時点では多くが「安全に問題がない」と判断。神戸製鋼製の部品を排除する動きまでには至っていない。鉄道車両の製造は専門性が高く、簡単に供給元を切り替えられない事情があるようだ。(織田淳嗣)

組み立てでも気づかず

 国内最大手の日立製作所の広報担当者は、今回の不祥事での対応について「簡単にすぐに、仕入れ先を他のメーカーに切り替えることはしない」と話す。車両の安全性自体は確認されていることが理由のひとつだ。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング